意外な盲点!居住形態が審査に関わる理由とは

キャッシング審査の知られていない大切な項目として、住んでいる家は持ち家か賃貸か?ということと同じ場所に住み続けている年数があることをご存知ですか?。
なぜなら、申込者が住んでいる家の形態や年数によって、
ちゃんとお金を返せるほどお金に余裕があるのか、夜逃げなど返済を放棄されてしまうリスクはあるのか、などを判断できるからです。

住居の面で一番良い評価になるのは、ローンの残っていない持ち家に10年以上住んでいる、かつローンを完済した持ち家に住んでいる状態でしょう。
その理由は、ローンが残っていないということは、
カードローンの他に大きな出費になるものが少ないと判断され、
「この申込者はちゃんと融資額分を返してくれそう」と思われるからです。

ですが、住宅ローンは短い間に全額返済できるものでもありませんし、支払総額も相当額ですよね。
こうなると、「持ち家だけどまだローンが払い終わってないし、むしろ審査に落ちやすくなるのでは?」と思ってしまうかもしれません。
実際には住宅ローンが払い終わっていないのはある程度は審査に影響しますが、それでも賃貸に住んでいるよりは高評価なります。
持ち家に住んでいるということは、「持ち家である限りは転居しづらいだろう」とカードローン業者は判断します。

賃貸であれば、突然の引っ越しも特にリスクがありませんから、転居は気軽ですよね。
何が言いたいのかというと、返済しないまま逃げるように引っ越されてしまうことをカードローン機関は危うんでいるのです。
ですから、住宅ローンが払い終わっていなくても、持ち家のほうが評価が高いのです。

ですので、もし借家に居住していて、
「住み替えたいけどその後のお金足りるか心配」
と思っている方がおられるようでしたら、引っ越しを行うより前にキャッシングの申込みをしておいたほうが、
審査に通る可能性が多少は高いかと思いますので、お早めの申込みをおすすめします。

入限度額、審査時間やその流れ、融資スピードなどの特徴を解説。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ